現在募集中の活動

【オンライン 実地】中高生の対話の場作り『だっぴ鳥取支部』

 『だっぴ』とは、中学生(高校生)・大学生・大人が1グループ5〜6名程度の少人数のグループをつくり、出題されるテーマに沿って対話し、お互いの経験や考えを共有しながら学び合うプログラムです。
 ひとりずつが歩んできたストーリー。そこから生まれた価値観や言葉は、だれかの心を支えたり勇気に変わるかもしれません。
 中高生・大学生・大人がフラットな関係で対話する場を、いっしょにつくってみませんか?

だっぴ鳥取支部|鳥取県地域教育推進局

【2週間 実地】農業を体験し、生き方を考える~半農半X 来鳥プログラム@鳥取

 舞台は西日本、鳥取県。近年その大切さが再注目されている農業。現地に滞在し、実際の農作業を通して、暮らしや生きることを見つめなおす2週間のプログラムです。随時参加可能、現地ではメンターが活動をサポートします。普段の暮らしから離れて、農業のある暮らしを体験してみませんか?

【オンライン】人口最少県、鳥取での地域課題解決・魅力発信プロジェクト

人口55万人と、人口最小の県鳥取。人口減少に伴い様々な課題が浮き彫りになっています。しかし、鳥取県には鳥取砂丘や砂の美術館、浦富海岸、鳥取城と様々な観光名所があったり、魅力的な人たちがたくさんいます。鳥取を、地方創生のアイディア実験場へ。鳥取の課題解決や魅力発信のための企画、実行をする仲間を募集します。

【オンライン/実地】鳥取の写真美術館で写真家の右腕になるプロジェクト

舞台は鳥取。この地で生まれた写真家・池本喜巳氏の美術館で、アシスタントとして活動する方(現地インターン)・広報改善(オンライン)を募集します。写真に関心がある方、美術館やアート領域に関わりたい方のご応募お待ちしています!現地でのインターンは、1名限定。実際の芸術家の仕事を体感しませんか?